大人ニキビ治し方
大人ニキビ治し方 > 大人ニキビ治し方 > 大人ニキビのスキンケア
大人ニキビスキンケア

大人ニキビのスキンケア

10代と大人になってのニキビは違います
大人になってできるニキビのスキンケアについて
化粧品選びとスキンケアについてアドバイス
10代の思春期のニキビに人気のイオウを配合したニキビ用の塗り薬は、大人ニキビには肌を乾燥させるので向いていません。

大人ニキビの場合は、必ずしもオイリー肌の人でなくてもできるため、
これをつかっても肌あれを起こすだけで、ニキビはよくならないということがあります。

また、ニキビ専用の化粧品も脱脂力の強いものは注意が必要です。

過剰な洗顔とクレンジングは避ける
ニキビスキンケアニキビを気にするあまり「皮脂や汚れをしっかり落とさなければ」と、1日に何回も石鹸で洗顔したり、メイクをしていないのにクレンジングをする人がいますが、これは洗いすぎ。
確かに余分な皮脂や汚れを肌に残さないことは、ニキビ予防には大切なことです。

しかし、一生懸命洗ったからと言って詰まった脂はとれませんし、必要以上に肌の潤い成分を落としてしまうため、肌が乾燥してしまいます。

そのままにしておくと、角質が硬く厚くなり、余計に毛穴を詰まらせることになります。
朝はさっぱりタイプの石鹸で洗顔し、夜は油分の多すぎないクリームタイプの洗い流せるクレンジング剤を使ってメイク落としをして、朝と同じ石鹸で洗顔しましょう。

洗顔後は、清潔なタオルで肌を抑えるように水分をとります。

まちがっても、ゴシゴシとこすらないこと!

洗顔後は、水分はたっぷり与えます。肌が水分不足になると、毛穴出口の角質が厚くなり、余計に毛穴がつまるからです。

大人ニキビ予防のため、ヒアルロン酸やセラミドの入った保湿美容液でたっぷり水分補給しましょう。肌がやわらかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

ビタミンC誘導体の化粧水をおすすめします。
ニキビスキンケアまたビタミンC誘導体の化粧水は、皮脂を抑えてニキビ予防をしてくれますし、ニキビ痕の赤みを薄くする作用もありますので、おすすめですよ。
ホルモンバランスの変化によってもニキビができやすくなったり、悪化したりします。

大人ニキビができやすいときは、毛穴を詰まらせないためのスペシャルなお手入れとして、ピーリングを取り入れることをおすすめ。

ピーリングは、薬剤を使って余分な角質をはがすお手入れのことです。

ターンオーバーを高めるため、肌の新陳代謝がよくなり、シミやシワの改善にも役立ちます。

AHAなどが配合されたピーリング用の石鹸がおすすめです。
肌への刺激が少なくてすみますから、肌の強い人は毎日使ってもかまいませんが、肌の弱い人は、週1~2回から慣らしていきましょう。
最近ではAHA配合のピーリング化粧品も出ていますので、トライアルキットなどで試すのもよいでしょう。

ピーリングしたあとは、角質が一時的に薄くなるため、使う化粧品は敏感肌用にしましょう。
ニキビ用の化粧品は刺激が強いので避けましょう。編集スタッフが試してよかったのはランキングにも紹介している、ルナメアビーグレンノブあたりがおすすめです。
不安のある人は、金銭的にも負担が少ないお試しセットを使ってみるといいです。
紫外線対策も忘れずに!

また、洗顔石鹸を使えば無駄に肌を傷つけてしまうことがないので、ニキビができやすい方は洗顔石鹸に変えることでニキビを抑えることも可能です。
洗顔石鹸ランキング!人気の洗顔石鹸を肌のタイプで選ぼう」では、ニキビ肌用の洗顔石鹸や肌質に合わせたおすすめの洗顔石鹸を知ることも可能です。